皮膚の病気の原因と対処法

皮膚の荒れや湿疹にお困りの方にアドバイス

蕁麻疹

症状

皮膚が赤く盛り上がり、強いかゆみを感じるというのが蕁麻疹の
代表的な症状なので虫刺されと勘違いしてしまう人もいます。
 

短時間で症状が治まる場合もありますが、1日近くずっと症状が改善しないケースもあります。
かゆみに耐え切れずかいてしまうと範囲が広がってしまう可能性もあるので注意しないといけません。
そして、発生して短時間で治るものを急性蕁麻疹、1ヶ月以上続いてしまうものを慢性蕁麻疹といいます。

 

原因

急性蕁麻疹の主な原因は食べ物・薬などのアレルギー反応や外部刺激だと
いわれており、時間の経過とともに症状は改善していきます。
 

慢性蕁麻疹の場合は内臓疾患や便秘、下痢、過度な疲労、
睡眠不足などが原因で発症することが多いです。
 

また、温度変化によって現われる寒冷蕁麻疹や温熱蕁麻疹、
運動やストレスによって発症するコリン性蕁麻疹も慢性蕁麻疹に含まれます。

 

治療・予防法

食べ物が原因の場合は、原因となる食品を避けるようにしましょう。
薬が原因の場合は、その薬の使用を避けるというのが重要となります。
 

蕁麻疹を治療・予防するためには原因が何なのかを見つけて、それを避けるというのが最も効果的です。
ただ、原因物質を見つけるには時間がかかるので、それまでの間は薬物療法を行うことになります。
 

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、副腎皮質ホルモン薬などを使用して症状を抑えるというのが
一般的ですが、どの薬にも副作用が存在するのでそのことを理解した上で使用しないといけません。
 

何かしらの病気が原因で蕁麻疹を発症させている場合は
その病気を治すことを一番に考えないといけません。
 

生活習慣の乱れが慢性蕁麻疹を引き起こしている可能性があるので、
食生活の見直しや十分な睡眠時間の確保を意識した生活を送ることも大切です。